ASCII倶楽部第62回「ライブ配信者の二分化はじまる 不特定多数ではなく特定個人向けの番組が登場」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎週木曜日に公開しているASCII倶楽部(月額1,080円/税込の有料コンテンツ)の連載記事。

近年、ライブ配信における個人の配信者が二分化されてきました。

なんらかの目的をもって不特定多数の人へ向けてライブ配信をする「“個”対“多”」なカタチ。もう一方は、目的(用事)はないけれど、いまのこの瞬間の様子を、特定の身近な人(友だち)へリアルタイムでなんとなく伝えたいからライブ配信をする「“個”対“個”」のカタチ。

「“個”対“個”」なタイプの個人配信者は「多くの人に見てもらうことを求めていない」。そして「学校の延⻑線上」的な感覚でライブ配信を使う人がなのかもしれません。

ASCII.jp:ライブ配信者の二分化はじまる 不特定多数ではなく特定個人向けの番組が登場|「ライブ配信メディア完全解剖 〜過去と今、そして未来へ〜」 http://ascii.jp/limit/group/ida/elem/000/001/567/1567670/

▼その他のASCII倶楽部連載記事一覧

▼ライブ配信カテゴリー記事一覧

Profile

ライブメディアクリエイター ▼ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター ▼ASCII倶楽部記事連載

Works

▼ソーシャルメディアを活用した情報発信サポート ▼講師(セミナー・講演・研修・講習)&イベント出演 ▼ネットライブ配信・中継サポート ▼執筆記事

Contact

ソーシャルメディアや動画を活用した情報発信に関するお問い合わせ・仕事(業務)依頼はこちらをご利用ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSのフォローお願いします!

スポンサーリンク