YouTube Liveのライブ配信設定(推奨)値【一覧表】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部ツール(Wirecast・OBS・XSplitなど)を使ってYouTube Liveで配信するときに必要となる設定(推奨)値をまとめました。

仕様

YouTube Live(種別)今すぐ配信イベント
配信可能時間基本制限なし制限なし
延長最大
アーカイブ録画時間12時間8時間
保存期間無期限無期限
ストリーミング設定(推奨 or 最大)推奨値(1440p・30fpsの場合)
映像解像度2560x1440
フレームレート30fps
ビットレート6,000〜13,000 Kbps
コーデックh264
キーフレーム間隔2sec
音声ビットレート128 Kbps ステレオ
コーデックAAC MP3
サンプルレート44.1khz

※1080p・30fpsなど他の解像度・フレームレートの場合のビットレート推奨値は下記参照。
ライブ エンコーダの設定、ビットレート、解像度 – YouTube ヘルプhttps://support.google.com/youtube/answer/2853702

備考

  • 2017年4月2日調査時点のものです(内容に誤り&仕様変更にお気づきの方はお知らせ頂けると嬉しいです)。
  • YouTube Liveには「今すぐ配信(英語表記:Stream now)」「イベント(英語表記:Events)」「クイック(ハングアウトオンエア)」があります。本表では「今すぐ配信」と「イベント」のみまとめています。
  • YouTube Liveは「それより低い解像度のストリームはすべて YouTube で自動的に作成されます」。たとえば、「1080p」で配信をした場合「1080p」以下の「720p」「480p」「360p」「240p」の解像度をYouTubeが自動的に作成し、視聴しているユーザーがその解像度を選択することができます

参考

Profile

ライブメディアクリエイター ▼ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター ▼ASCII倶楽部記事連載

Works

▼ソーシャルメディアを活用した情報発信サポート ▼講師(セミナー・講演・研修・講習)&イベント出演 ▼ネットライブ配信・中継サポート ▼執筆記事

Contact

ソーシャルメディアや動画を活用した情報発信に関するお問い合わせ・仕事(業務)依頼はこちらをご利用ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSのフォローお願いします!

スポンサーリンク