ASCII倶楽部第77回「YouTube収益化プログラム条件引き上げは動画サービスとして不利になるのではないか」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ASCII.jp:YouTube収益化プログラム条件引き上げは動画サービスとして不利になるのではないか|「ライブ配信メディア完全解剖 〜過去と今、そして未来へ〜」 http://ascii.jp/limit/group/ida/elem/000/001/622/1622196/

YouTubeパートナープログラム(YPP)へ参加ができる資格要件が「チャンネル登録者が1,000人」かつ「過去12ヵ月間の総再生時間 が4,000時間」へと変わります。

これからのYouTubeは、トップYouTuberと呼ばれるような収益化ができる人気の人たちと、趣味で動画を投稿していく人たちとの二極化が進むのかもしれません。「それはそれで良し」と考える一方で、その中間層が空白となることは、動画共有サービスYouTubeとして将来的に不利となるようにも感じています。

毎週木曜日に公開しているASCII倶楽部の連載記事です。

Profile

ライブメディアクリエイター ▼ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター ▼ASCII倶楽部記事連載

Works

▼講師(セミナー・講演・研修・講習)&イベント出演 ▼ネットライブ配信・中継サポート ▼ソーシャルメディアを活用した情報発信サポート ▼執筆記事

Contact

ソーシャルメディアや動画を活用した情報発信に関するお問い合わせ・仕事(業務)依頼はこちらをご利用ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSのフォローお願いします!

スポンサーリンク