ASCII倶楽部第89回「YouTubeがチャットリプレイ機能を実装した狙い」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ASCII.jp:YouTubeがチャットリプレイ機能を実装した狙い|「ライブ配信メディア完全解剖 〜過去と今、そして未来へ〜」 http://ascii.jp/limit/group/ida/elem/000/001/666/1666244/

YouTube Liveのアーカイブを視聴したとき、動画の進行に合わせて、ライブ配信時に投稿されたのコメントも再現される「チャットリプレイ機能」。

コメントが再現される(流れる)仕組みはniconicoがその代表で、YouTubeはチャットリプレイ機能の後発組。ですが、今回導入されたチャットリプレイ機能は、これまで主体であったアップロードされる動画と同じように、ライブ配信によってアーカイブされる動画にも価値を与えるための、YouTubeが狙う施策のひとつであると感じるのです。

毎週木曜日に公開しているASCII倶楽部の連載記事です。

Profile

ライブメディアクリエイター ▼ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター ▼ASCII倶楽部記事連載

Works

▼講師(セミナー・講演・研修・講習)&イベント出演 ▼ネットライブ配信・中継サポート ▼ソーシャルメディアを活用した情報発信サポート ▼執筆記事

Contact

ソーシャルメディアや動画を活用した情報発信に関するお問い合わせ・仕事(業務)依頼はこちらをご利用ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSのフォローお願いします!

スポンサーリンク