ASCII倶楽部第66回「ライブ配信で「ひとりで話し続ける」は変わりつつある」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎週木曜日に公開しているASCII倶楽部(月額1,080円/税込の有料コンテンツ)の連載記事。

ツイキャス、InstagramやFacebookなどのライブ機能に「コラボレート配信」機能を実装するライブ配信メディアのプラットフォームが増えました。「コラボ配信」は同じ場所にいなくてもまるで一緒にいるかのように複数人がリアルタイムにビデオ通話しながらその模様をライブ配信できるプラットフォームの機能のひとつ。

予め準備しなければ ならない機材の組み合わせや複雑なオペレーションを必要とせず、スマホ一台で簡単に「遠隔地とSkypeのよう なビデオ通話をしながら、その様子をライブ配信できてしまう」のは、一昔前を考えると、とても画期的なものなのです。ライブ配信におけるコラボ機能はどのようなものか、そして、その楽しさと利用するときの注意したいトピックをまとめて紹介をしていきたいと思います。

ASCII.jp:ライブ配信で「ひとりで話し続ける」は変わりつつある|「ライブ配信メディア完全解剖 〜過去と今、そして未来へ〜」
http://ascii.jp/limit/group/ida/elem/000/001/584/1584430/

Profile

ライブメディアクリエイター ▼ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター ▼ASCII倶楽部記事連載

Works

▼ソーシャルメディアを活用した情報発信サポート ▼講師(セミナー・講演・研修・講習)&イベント出演 ▼ネットライブ配信・中継サポート ▼執筆記事

Contact

ソーシャルメディアや動画を活用した情報発信に関するお問い合わせ・仕事(業務)依頼はこちらをご利用ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSのフォローお願いします!

スポンサーリンク